クレジットカード現金化で重要となる限度額と利用可能額とは何か?

クレジットカード現金化を利用する時にはクレジットカードの限度額が大きな影響を及ぼします。それはそのカードを所持している時にどれだけの金額が使えるのかという上限額を表し、ショッピング枠とキャッシング枠の2つが設定されます。クレジットカード現金化はショッピング枠現金化とも呼ばれ、ショッピング枠が大きく影響してきます。今回は利用するに当たり限度額と共に大きな影響を与える利用可能額について説明していきます。
■クレジットカード現金化はショッピング枠現金化
クレジットカード現金化を行うとするならば、限度額にしても利用可能額にしてもどこに注目するのかと言うとショッピング枠です。この現金化はキャッシングではなく、買い物などで使用する時に適用されるショッピング枠を利用します。
■利用可能額はいくらなのか?
限度額が利用できる上限額ということですが、今実際どれだけ利用できるのかというのはまた別の問題です。例えば、限度額が40万円で、現在28万円使用しているとしたら、利用可能額は12万円ということになります。限度額いっぱいまで使用していているのであれば、当然ながら返済しない限り利用可能とはならない点に注意してください。
■利用可能額を調べるにはどうすればいいのか?
利用可能額については常に頭に入れておくべきなのですが、使った金額に応じて変わっていくためについ忘れてしまうことがあるでしょう。利用可能額については月1回明細書が送られてきますので、そこでチェックすることが可能です。最新の状況を知りたいなら、カード会社のホームページの会員サイトで利用状況を調べるのもいいでしょうし、カスタマーセンターに電話でお問い合わせをするのもいいでしょう。
■どれくらい利用できるのかを常にチェックをして多重債務を防ごう
クレジットカード現金化はショッピング枠を利用した現金化に当たります。その時に気にしないといけないのが限度額と利用可能額です。リアルタイムに使おうとしている時には最新の利用限度額を把握してください。

クレジットカード現金化はカードの種類によって内容が異なるのか?

店舗で商品を購入する時にはその代金としてお金を支払うことになります。お金の支払いとしては現金や電子マネーのほかにクレジットカードでの支払いが可能です。クレジットカード現金化はクレジットカードで支払うことになりますので、それに店舗が対応していなければいけません。ただクレジットカード現金化であっても、カードの種類によって対応しているものとそうでないものが出てきますので、その違いはどういうところにあるのでしょうか。
■VisaやMasterであればどこでも利用できる
クレジットカードはVisaやMasterなど5つの国際的なブランドがあり、いずれかのロゴマークが表示されているわけです。ブランドのロゴマークが表示されている店舗であれば、それが利用できたりします。現金化の業者のホームページにはすべてのクレジットカードが対応しているという記載が行われている場合もありますが、実際にはそうではないこともあり得ます。
現金化の業者が使用している決済ラインというのは海外の決済ラインが多いですので、そういうところではすべてのクレジットカードが使用できないというわけです。VisaやMasterであればそういうところでも可能なことが多いのですが、それ以外のブランドであれば一部しか使用できなかったり、全く使用できなかったりします。
■JCBやAMEXでの現金化は可能なのか?
大手の現金化の業者であればすべてのクレジットカードに対応できる国内の決済ラインを利用することで、対応ができるようになっています。しかし、決済手数料が高くなりますので、VisaやMasterに比べると還元率が低くなるという可能性が出てくる点には注意をした方がいいでしょう。
■カードのブランドによってサービスが変わったりする
クレジットカード現金化は持っているカードのブランドによって利用可否が決まってくると共に、還元率の違いが出てきたりするなど、サービスの内容が異なりますので注意してください。

参考サイト:クレジット現金化 口コミを見たい方は『即日マネー.net』へ!